2011年09月29日

イベントスケジュール

10月15日(土) 天鳳サンマ杯
10月22日(土) 天鳳サンマ杯
11月03日(祝) 天鳳名人戦第5節

11月 鳳凰卓大会予定 段位効率月間ランキングを使用予定
12月 鳳凰卓大会予定 段位効率月間ランキングを使用予定
※4人打ち

■ 鳳凰 東喰アリ赤 / 段位効率
http://tenhou.net/sc/?ad1-161
http://tenhou.net/sc/?ad0-161
■ 鳳凰 南喰アリ赤 / 段位効率
http://tenhou.net/sc/?ad1-169
http://tenhou.net/sc/?ad0-169


11月と12月にそれぞれ、鳳凰卓ユーザをメインとした
ある程度長期の大会みたいなものを企画しています。
期間もそうですが賞金等も少し規模を大きくしてみる予定です。
もうすぐ告知ができると思います〜。
posted by つの at 23:40| イベント

アップデート

牌譜ビューアの巡目の規則を、

「巡目は山または河からの取牌で加算」
から
「巡目は嶺上/山/ポン/チーの取牌で加算」

に変更しました。

これで明槓で無駄に2巡進むことがなくなりました。明槓の発声巡目は続く嶺上よりも1つ前の巡目として扱っています。解析の巡目はまだ検討中ですが、牌譜ビューアの巡目はこれで決着したっぽいです。明槓の巡目を続く嶺上にあわせるかどうか、くらいの調整はあるかもしれません。

解析の時には、明槓の副露巡目は続く嶺上牌の巡目と同じですかねこれは…。う〜ん…。

もう1つ、Windows版の牌譜ビューアのSTEPの表示方法を少し調整しました。以前より多くの情報を記載するようになっています。(チー→ポン→ポン→聴牌:14、など)
posted by つの at 11:25| 日記

RIVAL場外戦 IN天鳳 秋場所結果



「RIVAL場外戦 IN天鳳 秋場所」が終了しました。
結果を掲載しました。http://tenhou.net/cs/2011/09js/

--------------------
天鳳有料版の有効期限以外の賞品を希望される方は、大会終了後に以下の必要事項を記載の上support@c-egg.comまでご連絡をお願いいたします。 大会終了後1週間以内にご連絡が無い場合には自動的に有料版の有効期限が加算されます。

『メールタイトル』RIVAL場外戦賞品について
【プレーヤ名】○○
【プレーヤID】ID00000000-aaaaaaaa
【希望賞品】金券○円
【賞品送付先住所】〒000-0000 ○○県○○市…
【氏名】麻雀 太郎
posted by つの at 10:11| イベント

2011年09月26日

四神降臨〜 アルバンスタジオ オープニング対局 -4団体対抗戦-

shijinkourin.jpg

「アルバンスタジオ オープニング対局 -4団体対抗戦- 〜四神降臨〜」というイベントが開催されるそうです。


全自動麻雀卓販売の【株式会社アルバン】が麻雀スタジオを開設。

「アルバンスタジオ」オープンを記念して

最高位戦日本プロ麻雀協会・日本プロ麻雀協会・麻将連合‐μ‐・RMU

以上4団体での豪華団体対抗戦を【ニコニコ生放送】にて配信!!

この対局だけは絶対に見逃せない!!!

四神降臨特設ページ
http://www.marchao.co.jp/albanstudio/110930/
posted by つの at 19:47| イベント

RIVAL場外戦



「RIVAL場外戦 IN天鳳 秋場所」を「2011年9月28日(水) 18:00〜26:00」に開催いたします。

「いつも天鳳のイベントは週末か休日なのに、このイベントだけなぜ平日なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。雀卓欲しいのに参加できないよと…。

ですが、この日付設定がとってもリアルな部分なんです。

本当に店舗代表の強豪プレーヤが参加しているので、協力者の皆さんのいろいろもろもろでそういうことになっています。

雀荘の強豪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
posted by つの at 11:01| イベント

2011年09月23日

巡目試験問題

問題点をまとめてみました。

項目数が増えすぎないように重ねている手順がありますが、分離しないと説明できないのであれば設問を編集してください。

問2)が「美しく」解答できた場合には、support@c-egg.comまで送っていただけると嬉しく思います。

巡目の加算は、発声と嶺上牌ではない通常の山からの摸の前、ですかね…。連続槓も含めて打牌までを1巡としても間違いではないのですが解析だとどうなんでしょうか…。

--------------------
メールタイトル:【巡目試験問題】

≪問1≫以下の手順で巡目を加算する場所を解答してください。

■摸から打牌
(1)山から牌を取る
(2)暗槓・加槓・抜きがなければ(7)へ
(3)発声
(4)面子を組んでさらす
(5)嶺上牌を取る
(6)(2)へ
(7)打牌
【解答(複数可)】(*)の前

■チー・ポンから打牌
(1)発声
(2)牌を2枚さらす
(3)河から牌を取る
(4)面子を組んでさらす
(5)打牌
※ポンカン・チーカンは禁止
【解答(複数可)】(*)の前

■明槓から打
(1)発声
(2)牌を3枚さらす
(3)河から牌を取る
(4)面子を組んでさらす
(5)嶺上牌を取る
(6)暗槓・加槓・抜きがなければ(9)へ
(7)発声
(8)(4)へ
(9)打牌
【解答(複数可)】(*)の前


≪問2≫以下の○に適切な文章を記述してください。

■巡目は「○○の時」に加算する
※○巡目の行為が区別できない場合はその理由も。
※同巡振聴解消の場所もよろしければ。
※有効牌の取り入れ回数かターンの順番に注目したかなども…。

■副露時の向聴数は「○○の時○枚の状態」で計算する
※仕掛けと向聴数向上のどちらに注目すべきかもよろしければコメントしてください。
※副露時の巡目もよろしければコメントお願いします。
posted by つの at 11:55| 日記

副露巡目問題

副露巡目(=何巡目に副露をしたか)とその時の向聴数を計算しています。

例によって巡目は「山または河からの取牌で加算」としているので、副露巡目もそこで数えることになります。

以下考えながら書いているので、わけが分からないかもしれません…。

書いている本人もまだまとまっていないので…。

■チー、ポン
 手順「発声⇒河から取牌⇒打牌」
 巡目1=河からの取牌で加算した巡目
 向聴数1=打牌前の3n+2枚

発声後打牌前に注目??0巡目の仕掛けという数値はあったほうがいいのか??

■暗槓、加槓、抜き
 手順「山から取牌⇒発声⇒嶺上⇒打牌」
 巡目1=発声前の山からの取牌で加算した巡目?
 巡目2=嶺上の山から取牌で加算した巡目?
 向聴数1=発声前の向聴数?
 向聴数2=嶺上後打牌前の向聴数?

発声後打牌前だと、巡目2+向聴数2??発声前の巡目と嶺上後打牌前の向聴数の組み合わせがいいような気も…。副露面子には加算しないので定義はとりあえず無視か…?

■明槓
 手順「発声⇒河から取牌⇒嶺上⇒打牌」
 巡目1=河からの取牌で加算した巡目
 巡目2=嶺上の山から取牌で加算した巡目
 向聴数1=発声前の向聴数?
 向聴数2=嶺上後打牌前の向聴数?

発声後打牌前に巡目が2つ進む?向聴数はどこ?


と、ここで、また行き詰ってしまいました…。

「巡目」というものを手牌に有効牌が入る可能性を追跡する指標と考えるんだとしたら、明槓による河からの取牌で巡目を加算するのはあんまり意味がある計算ではないような気もします…。

「巡目」はツモ番が飛ばされると小さくなるもの、という風に順に巡る感じで数えるとしたら、河からの取牌で加算するほうが自然な感じも…、でもその後の嶺上でまた加算するのはこちらは不自然な感じが…。

も、もしかしたら、巡目の「取牌」の考え方が間違っていたんでしょうか、こ、こ、これは…、いったいぜんたい…。

明槓は2巡進む、って言われてもなんか感覚と合いませんよね。

巡目の定義は「山または河(明槓を除く)からの取牌で加算」とかだったんでしょうか…。

何か勘違いしているところがありますかね…。

どこかで間違ってスタートしてますかね…(´;ω;`)

みなさんどうやって計算してるんでしょうか…。

あれ、解析で注目する副露数には暗槓は含まないってことでいいですよね…。副露数は明副露数って表記すべきのような気がしてきました…。
posted by つの at 01:38| 日記

2011年09月22日

アップデート

■雀荘戦の和了止め不具合を修正
2011年3月ころの調整で、サドンデスの無い雀荘戦でも和了止め/聴牌止めの条件にトップ必要点数を要求する不具合が発生していました。それ以前は正常だったみたいです。

■Win版の観戦に待ちを表示
牌譜にあるのと同じ機能をつけました。

■再接続制限
有料版の有効期限が切れている状態で、FlashEconomyからWindows版に切り替えて再入場すると再入場カウントが減算された後に、強制切断になります。
posted by つの at 11:58| 日記

2011年09月21日

黒船来襲プロ参戦トーナメントマッチin戦国天鳳

10月2日に「黒船来襲プロ参戦トーナメントマッチin戦国天鳳」というイベントが開催されるそうです。
http://co1207499.web.fc2.com/kuro/

告知動画、これ凄いです!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15566648

ゲストプロがとても豪華です。

戦国天鳳 http://co1207499.web.fc2.com/

こちらも面白そうですね。名前も秀逸です。


--------------------
〓大会名〓 黒船来襲プロ参戦トーナメントマッチin戦国天鳳
〓日付〓   10月2日15時開始予定
〓ルール〓 東風アリアリ連続参戦上位24名が決勝トーナメントへ
〓告知動画〓 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15566648
〓オフィシャルサイト〓 http://co1207499.web.fc2.com/kuro/


出場プロ

土田浩翔プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 第9期最強位・第26期王位
第11期、22期鳳凰位・他多数

吉田光太プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 第1期オータムチャレンジカップ優勝
第7回野口恭一郎賞受賞

石橋伸洋プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 第19期發王位・第10回MONDO21杯優勝
第15期マスターズ準優勝

佐藤聖誠プロ 最高位戦日本プロ麻雀協会 第2期最高位戦ClassicS級進出
第32期麻雀王座決定戦ベスト16

大崎初音プロ 日本プロ麻雀協会所属  2010年第9期女流雀王
posted by つの at 20:57| イベント

2011年09月16日

牌譜解析で困っていること…

前回の記事を書いていて、書き込むのをためらって途中で投稿を取りやめた部分の話なのですが、やはり少し書いてみようと思います。

牌譜解析の開発ですが、結構長い間やってきているのですが実はあまり順調に進んでいません…。

巡目についてはなんとか定義づけをしてクリアできたのですが、今度は向聴数でしばらく手が止まってしまっています…。

ざっくり言うと、「13枚と14枚のどちらの状態の向聴数を表示するのが好ましいか」というところになります。

前回の巡目向聴数という表で示した向聴数ですが、これは手牌枚数を3で割った場合の余りが2枚(14枚、11枚、8枚、5枚、2枚)の状態での向聴数になっています。

(以下14枚13枚は、3で割ったあまりが2か1かという意味で使っています。)

その理由は、巡目を「取牌」で加算することに決めたのでそこに合わせたということなのですが、13枚の方が一般的なのかなぁとも思っています…。向聴数0の聴牌状態って言ったら大多数の人は13枚を想定しますよね。

ちなみに、14枚の状態と13枚の向聴数は、和了の-1向聴があるかないかの違いと、「聴牌取らず」や「和了せず」などの向聴向上を取らなかった時に少しだけ小さな値(和了に近づく)になる違いになります。

計算するタイミングについては、14枚の向聴数は「取牌」で計算すればいいのですが、13枚の場合は、「打牌」「槓」「抜き」で計算することになると思うので、こういう場所をなんて呼べばいいのか、こういう方法がいいのかそうでないのか、何に注目すればいいのか、少しややこしくなってしまっています…。

副露の場合の向聴数も、副露前13枚(○向聴だから仕掛けたなどに注目)、副露後打牌前14枚、副露後打牌後13枚(副露して先制聴牌を取ったかどうかなどに注目)など、どれが好ましいのか…。

また、放銃時の向聴数は13枚、待ちの確定も13枚だったり…。

他の指標にもいえることなのですが、データの意味を見失っていて、どんな風に表示したら分かりやすいのか、どういう風な計算方法に意味があるのかなどがうまく解決できていません…。

もしかしたら、そんな細かいところは大体でいいよ、という部分なのかもしれませんが…。


最近はこの状況から前進するために、「他のプレーヤと比較できるビューを作成する」「データはあとで非表示にすればいい」「意味のあるカテゴライズなどは今後の課題」というスタンスで作成しつつあります…。


またしばらくいろいろ考えてみます…。
posted by つの at 22:44| 日記

和牛解析

牌譜解析をごちゃごちゃ作っているのですが、見ていてちょっと面白かったところをご紹介します。

まだ解析プログラムの検証も不十分ですので、数値に不具合があるかもしれませんが、ご容赦下さい。

※この解析機能はまだ公開されていません。


■副露について
和牛=私と天鳳位のお二人を、特上卓の対戦で比較してみました。

和牛の副露の特徴は、「遅い」「鳴いたら降りれない」「満貫大好き」って感じでしょうか。副露収支の1副露目が天鳳位のお二人は「マイナス」になっているってことは、この段階までは「凄い攻めてる」ってことなんですかね。
pic2.gif

■巡目向聴数の推移(3N+2枚)
マーク2さんの向聴数の推移が面白いです。11巡目以降の大小関係が、ASAPINさんと比較して逆転しています。和牛が遅いのは基本的な牌効率がダメだということなのですが…。

10巡目までは圧倒的な効率で打って、それ以降は降りているという感じなんですかね…。それとも、10巡目までに講じてきた防御が11巡目以降に活用されているってことでしょうか。平均の和了巡目といわれるものは大体11巡ちょっとなのですが、そういう数字と近いのはたまたまですかね。私の知識ではよくわかりませんが、何か秘密がありそうな気がします。
pic1.gif

14枚1巡目の数値は0巡目の仕掛けをするタイプなら下がるんだと思います。

----------------------
追記です。

4副露の向聴数が平均0以上になっていますが、加槓を1つに数えている不具合がありました。(画像も修正しました)

正しく計算してみると、マイナスになることも…。順位確定の和了を拒否して副露へ、役なし仮聴を全帯系や断幺に聴牌維持で移行、赤喰い、聴牌維持で安全そうな字牌の雀頭を対子落としで2巡稼ぐ、などなど…、テクニカルな鳴きのオンパレードでした…。

もう1点。牌効率をきちんと比較するには、1巡目14枚、2巡目10枚など枚数も含めて比較することが必要かもしれません。副露は必ず有効牌が入ってくるので、副露率が高い人は向聴数が小さくなりますね。

11巡目以降は逆転するという点ですが、卓全体の平均をとってみたところ、全体も同じように推移していました。これをプレーヤの個性と結論するのは尚早のような気がしてきました…。難しいです…。
posted by つの at 15:24| 日記

2011年09月13日

天鳳サンマ杯

サンマ杯についてのお問い合わせを頂きました。

10月15日(土) 18〜26時
10月22日(土) 18〜26時

で開催予定です〜
posted by つの at 20:06| 日記

牌譜解析旧バージョン終了

牌譜解析スクリプトを新バージョンに移行しました。

旧バージョンは使用できません。

「待ち」の情報の解析はJavascriptで行おうと思っていたのですが思っていたより負荷が大きいようです。もしかしたらもう一度新しいバージョンに移行するかもしれません。
posted by つの at 12:56| 日記

2011年09月12日

楽天あんしん支払い対応

有料版の決済方法に「楽天あんしん支払い」を追加しました。
http://tenhou.net/reg/

楽天スーパーポイントが使えます!
posted by つの at 15:32| 日記

2011年09月07日

アップデート

牌譜ビューアのSTEPメニューの巡目の計算方法を変更しました。
参照)http://blog.tenhou.net/article/47772238.html

Windows版の牌譜ビューアにローカルの牌譜ファイルを開くメニューを追加しました。
posted by つの at 10:01| 日記

2011年09月06日

巡目について

ついでなので、巡目について補足します。

麻雀の巡目って難しいですよね。

以下浅見先生のサイトより。

(17)1巡(同巡)
http://www9.plala.or.jp/majan/rule17.html

最後のほうの
「自己の取牌から次回の自己の取牌までの間」
「摸打の1巡は4人一様ではなく、各プレーヤーに対して個別に巡る」
という言葉で麻雀の巡目を上手く説明することができます。
※取牌は「山または河から取牌」という風に読むとよさそうです。

「取牌」って言葉を選択できる麻雀知識ってほんとすごいですよね。この文脈だとなんとなくだったのかもしれませんが…。

ちなみに、天鳳のサーバの同巡振聴の判定は「打」のタイミングで行っています。これは、巡目の情報が対戦では不要なことや、自摸和了に影響がないこと、同巡振聴と通常の振聴の再判定、クライアントへの再送信などを省略できるので、そういうことになっています。

同巡規則の説明も「打」で説明しても対戦可能なので問題ないんですが、巡目の計算をすると天和や地和やダブリーの発声が何巡目かというところが難しくなってしまうので、やはり「取牌」という言葉がよさそうです。

------------

書いてみて思いましたが…

私が「打」でプログラムを書いた時に巡目がややこしくなっただけで、一般的には「取牌」の考え方で普通に理解されているような気がしてきました…。0巡目が不要になるように思考していくほうが自然ですね。
posted by つの at 22:53| 日記

牌譜の巡目表示変更

牌譜ビューアでは「STEP」メニューから「巡目」に関する情報が表示されますが、現在この「巡目」は次の方法で計算しています。

- 山から牌を取得した場合に巡目を加算

これだと副露があった場合、同巡振聴が解消されるはずのタイミングで巡目が加算されない少し不自然な巡目表示になってしまっていますので以下のように変更します。

- 山/河から牌を取得した場合に巡目を加算

数日中にUPDATEの予定です。

新しい牌譜解析でもこの方法で巡目を計算する予定です。
posted by つの at 20:42| 日記

2011年09月01日

安定段位の月間ランキング

皆さんご意見ありがとうございます。

ラス率.250以下の対象基準は変更するかもしれません。段位相当が5以上を表示する感じを検討しています。

段位効率を作った背景ですが、安定段位のランキングを作って欲しいという要望が多かったので、月間ランキングで作成しました。

安定段位=段位相当は、ずっとこの順位分布で成績が推移すればこの段位に収束する、という意味で100戦では安定した指標ではありませんが、天鳳の成績に関する指標の一つとしてはかなり意味があると考えています。

5戦のランキングは、ゲーム画面に段位効率が表示されていないので、100戦までの途中経過を見る目的で作成しています。
posted by つの at 07:33| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)