2013年07月26日

鉄鳴きの麒麟児 近代麻雀2013.8.15

こ、これは、記事にせずにはいられない…。

「赤べこ」さん「ヒューガ」さん…(w

思わず笑ってしまいました。

あなたも天鳳界隈で有名になると漫画に出れるかもしれません。


何度かこの漫画ではネットに接続して対戦するシーンが描かれているのですが、毎回そういうシーンがとても面白いなと思っています。

バーチャル世界の有象無象感が絵になるってとても不思議です。

そういえば昔「ネット麻雀をテーマにした漫画はゲーム画面しか描くものが無くて面白さがでない」って誰かが言ってたのを思い出しました。

確かに初期のネット麻雀をモチーフにした漫画は、絵がゲーム画面的で厳しいなと感じるところもあったのですが、今回のように、脳内の麻雀ビューと文化みたいなものが一緒に描かれるとグッと面白さが出ますね。


でも、この漫画、最後はどうなるのかな…。

ネット麻雀は引退で終わるのかな…。

ドキドキ…。

小梅ちゃんも大きくなったら天鳳やってね。


#(追記)あれ…、2013年7月15日発行となっていました。すごい乗り遅れていてすみません。いつもまとめて読んでいるのがバレてしまいました…(汗。あいたたた…。素で遅れたのにステマみたいになってるし…(T_T
posted by つの at 21:51| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)