2015年05月15日

「今月天鳳位が出たから来月天鳳位は出ない」というのはオカルトなわけです

「今月天鳳位が出たから来月天鳳位は出ない」というのはオカルトなわけです

これを疑問に思う人がいたら、天鳳位が出る仕組みを考えてみてください。

時間のある大学生が短期間で天鳳位になることもありますし、時間のない社会人が5年6年かけて天鳳位になることもあります。

最初は前者が多かったのですが、最近は後者も出てきました。

ですから出る頻度は安定してきた、という見方もできます。


月間ランキングの段位効率からは100戦ほどであれば11段である天鳳位を超える戦績を出すプレーヤが相当程度いることが分かります。

http://tenhou.net/sc/2015/04/?ad1-169
http://tenhou.net/sc/2015/03/?ad1-169
http://tenhou.net/sc/2015/02/?ad1-169




この結果と100戦オーダの戦績と天鳳位に到達する4000戦オーダの戦績の関連性を考えてみれば、あとは一定の割合で出続けることが想像できます。

天鳳位は年に1回出るタイトルホルダーとも見方が異なる、という視点も必要です。


以下は根拠があまりありませんが、昨今は麻雀書籍が数多く発売されていますから、
- 勉強した人としていない人の差が広がった
- 書籍を出してみたい気持ちが出てきた
など良い状態で鳳凰卓を連戦できるプレーヤが増えているかもしれません。
posted by つの at 18:19| 日記

無料チケット発券 関西天鳳イベント

【配布イベント名】 関西天鳳イベント
 ゲスト:比嘉秀仁、角谷ヨウスケほか
【配布日時】 6月13日 12:00〜21:00
【配布会場】 エンターテイメントスペース大三元
【主催団体名】
【責任者】 角谷ヨウスケ(日本プロ麻雀協会)
【後援】 エンターテイメントスペース大三元
posted by つの at 15:44| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)