2015年11月29日

天鳳王座戦 / 常設よりもイベント的に?

みなさんご意見ありがとうございます。

自動ゲストの話よりは興味を持っていただけたようです。

常設よりもイベント的な開催の方がいいという意見がいくつかありました。

常設にはこだわっていないのでそういう形式でもいいと思います。

良いシンボルを作ることが優先する目標なので、段位戦に影響が出る場合、特に鳳凰卓の稼働率に影響が出る場合には鳳凰卓を保護する方向で考えたいと思っています。

これは雀荘戦の時も言われていました。

あとは頂上的な設計については「ピラミッドは2つ要らない」というご意見もありました。何かあった時には段位戦を優先するというのは最初から決めておきたいと思います。


頂上的な対戦を企画するのもいいけど「打たせてくれ」という意見も多くありました。

上から作るだけで他も作る予定です。

麻雀を観るには技術への理解が必要なので、頂上対決があっても解説が無いと分からない。

私も、天鳳名人戦は観ているよりも聞いているレベルの人間なのでその気持ちはよく分かります。

その他ご意見お待ちしております。
posted by つの at 07:56| Comment(0) | 日記

天鳳王座戦

という名前でいつか何かしたいと、かれこれ5年ほどは考えているのですがなかなか実現していません。

天鳳名人戦もそういう名前を昔から想定していたのですがこちらの方は実現しました。

みなさんももし天鳳みたいなものを作ったとしたら「名人戦」「王座戦」みたいなものはまず考えると思います。

王座戦の名前の方は雀荘戦で使うのはどうかなと思っています。

名づけが少し強引なのでは?と思われたかもしれません。

天鳳名人戦があるのでそれとの並列性を考えると少し違和感があると思います。

どうしてこういう考えに至ったのかについては、それなりにあるのですが、理由は全く合理的ではありません。

なんとなくですが、雀荘戦という具体的なものよりも王座戦という抽象的なシンボルを掲げておく方がロマンがあっていいのかなと。

王座戦の何たるかを問うても、単なるシンボルであって、王座戦というのはその座を競うだけのものですから、頑張って時間をかけて「そのなんたるか」のイメージを作っていけばいいのかもしれない、王座を掲げて中身は後付け、そういうスタンスでいいのかなと考えています。

もちろん将棋や囲碁やその他既存の○○王座戦でそのなんたるかは各々あるとは思いますが、○○を冠していない王座戦は単なるシンボルだと思っています。


タブは「段位戦」「王座戦β」と並列する感じです。

カッコいいですね〜。

カッコいいことは重要です。

もうクリックしてしまいそうです。


作り方も全く異なるアプローチをしようと思っています。

雀荘戦は段位戦と同じ進化を遂げることを期待して、自然発生的にピラミッドが出来上がっていくようにと「下から」作りましたが、王座戦は「上から」作ろうと思っています。

天鳳9段以上+推薦枠で100人ほど22:00〜25:00など時間を固定して対戦する感じを想定しています。

驚くほどハイレベルな収支戦が見れると思います。

観戦も作ります。

もう観たいですね。

危なく青字で書いた観戦をクリックしてしまいそうです。

いかがでしょうか?

#書いていて思いましたが、段位戦の頂点が名人戦ならそれと並列して王座戦を配置してもおかしくないような気もしてきました。思い付きなので時間をかけて考えてみないと分かりませんが…。
posted by つの at 00:51| Comment(0) | 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)