2017年03月03日

麻雀は世界的なカテゴライズが「テーブルゲーム」から「カジノ」になりつつある / 天鳳は擬似ギャンブルか?

icon20161220.pngアプリを登録してみて分かったのですが、麻雀は擬似ギャンブルで射幸心を大きく煽るゲームである、という風に世界的には認識されているみたいですね。

一昔前のカジュアルゲーム全盛期では「テーブルゲーム」という風にカテゴライズされていたのですが、昨今では大体「カジノ」になります。

カジノで擬似ギャンブルというのも歴史的に間違っていませんが、クリーンで知的な側面をアピールして行きたいという方々にとっては超えることのできない「壁」がまた1つできてしまったような気持になりますよね。

天鳳はiTunes Storeでは、「12+ 頻繁/極度な擬似ギャンブル」ということになりました。

せめてこのレーティングだけでもなんとかならないかな、とか思ってしまいます。

チラウラでした。
posted by つの at 09:35| Comment(0) | 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)