2016年04月05日

天鳳王座戦は「古典」「昭和」「平成」のルールで競う、#段位で入場制限

天鳳王座戦では3つのルールをテーマに考えています。

「古典」一発裏槓裏なし、順位点が親満程度
「昭和」喰赤10-30オカ5x4、トップが偉い
「平成」東風戦東西場1500祝5000点、祝儀がわりと大きい
※完全順位戦の歌舞伎町ピン東は保留しています。
※参加対象は天鳳の特上以上
※参加人数によって開催期間や時間、ルールを調整

だいたいこれらのルールを制覇すれば、麻雀を制覇したということで良いと思います。

強さの比較で議論になりうるルールは、大体この中に収まりますし。

ピラミッドを作って階層化という方法は考えていません。

天鳳の段位で足切を行い、大体ピン雀荘のレベルをまずは再現することを予定しています。

AIは天鳳の段位戦と王座戦で結果を出せばその成果もきっと一般の人にも説得力のあるものになると思います。

「最高峰のネット雀荘天鳳を征服」
「プロが競技で使っているルールを征服」
「雀荘と同じルールを征服」
だから、麻雀の「王」である、と。

ということで、どうしてもこれを実現してみたいので、早速色々仕様が変わりますがご容赦ください。

ルールについての不毛な議論は終わりにしたいですね。
posted by つの at 15:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)