2016年04月11日

天鳳王座戦:段位でディビジョン ⇒ 天鳳十段戦なども?

いろいろなスポーツでディビジョンという言葉を目にします。

J1 = J. League Division 1

だそうです。

ファーストディビジョンが最高クラスの階級になります。

天鳳で対戦できる面子には、段位戦では上級特上鳳凰の区分しかありませんが、王座戦ではこれを変化させて遊んでみようと思っています。

T1 = Tenhou Division 1 = 十段以上
T2 = Tenhou Division 1 = 八段以上
:   :         :

など?

T1はちょうど天鳳十段戦みたいな対戦に相当します。

十段以上の面子での戦いを見てみたい、という要望も定期的に来ていますしちょうどいいのかなと。

ただ、段位というのがそもそもの区分なので、それに加えてディビジョンと呼ぶのは少し冗長な気もしていますが…。

ディビジョンを導入するかは未定ですが、色々な区分で対戦を実験してみようと思っています。

十段戦は楽しみですね。

#人数がとても少ないので十段+元十段もありだと思います。
posted by つの at 07:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)