2016年04月21日

天鳳王座戦:ランキングとレーティング、ビジネス上の優位、敗者の決まるタイミング

ランキングとレーティングという比較はいい視点ですね。

色々見えてきます。

敗者の決まり方にも特徴があって、継続的にお金を使ってもらう必要のあるビジネスにおいては、レーティングを採用するほうがメリットが大きい気がします。

ランキングの場合は優勝が決まれば、そのタイミングで敗者が決まります。

繰り返し継続するランキングの場合はまた次のチャレンジが始まりますが、仕組みとして敗者の決定は優勝の決定と同期しています。

レーティングの場合は、そもそも勝ち負けを競っていませんが、敗者を決めるタイミングを考えるとしたら、引退した日だということになります。

打ち続けることが正義だと言うことですね。

ギャンブルも同じ性質がありますので、麻雀はランキングではなくレーティング向きだと言えるかもしれません。

さて、では、いったい競技とは何でしょうか…。

競技らしさとは…。

う〜ん。
posted by つの at 11:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)