2009年03月20日

天鳳プロチャレンジ

無駄に教育とかいうのがサブタイトルに入っている福地さんのブログ天鳳プロチャレンジに参戦していただく日本プロ麻雀協会 小倉孝プロの新しい紹介文がリリースされました。

ブログ記事 : 【麻雀】小倉孝

以下転載です。原文は上のリンクからどうぞ。
----------------------------------------------
小倉孝プロ。

プロになってしばらくは、先輩からかなり叩かれたらしい。タイトルを取ってもまるで評価されなかった。今でも他団体の上位陣からは、単なるタコ小僧としか思われていない可能性がある。

その理由は彼の打ち筋にある。24567からの即リーチ。子が第一打に東から切る。役ありテンパイのドラ表示牌カンチャンでもノータイム即リー。

こういう打ち方は今では普通になってきている。でも、5年前はそうじゃなかった。それを率先してやったのが小倉だった。聞いてみるとそれぞれロジカルな理由があるけど、聞かれない限り説明しないし、説明も下手。

それでもプロ入り初年度にいきなりタイトルを取り、翌年も防衛。他の場所でも勝ちまくり、あまりの実績に周囲は評価せざるをえなくなった。同じようなカンチャン即リーでも、他の人がかけると単なる棒テンとみなされ、小倉のリーチは「小倉リーチ」と呼ばれ恐れられるようになった。

実際、強いと思う。ネットで打ったら、たぶん麻雀プロ全体で1、2を争う。

photo.jpg
この局面で、いま上家が切った2sをチーするプロが、いったい何人いるんだろう。5pや7pや6sのポンからだったら入りやすいけど、2sチーは見送ってしまわない? 小倉に言わせるとこれは鉄チーだそうだ。

photo_2.jpg
そして見事にマンガンのアガリとなった。これは天鳳の個室で打ったときの1局面だ。そのときのログ、この局面は東2局

小倉の強さはドンジャラ能力、そして押し引きの精度だと思う。

さらにもうひとつ他のプロにはない才能があって、それは童顔に似合わない鉄のハートだ。どんな場でも、どんなレートでも、押し引きがまるで揺らがないメンタルの強さ。修羅場をくぐって強くなったのではなく、たぶん最初から揺れないんだろう。「究極の押し引きマシン」、それが小倉だ。
posted by つの at 14:54| イベント
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)