2010年05月18日

ラス親トップの自動聴牌止め導入

2010年6月から「ラス親トップの自動聴牌止め」を導入します。

これまでは、ラス親のトップ時に聴牌で流局した場合、連荘していましたが、これが自動終了となります。

このルールの導入によって、対戦を終了させるために強引に聴牌を崩す必要のあった打牌選択が1つ減ることになるかと思います。

導入後には入場ページでアナウンスいたします。
#おそらくメンテを入れます。


【覚え方】は、2010年6月以降は、「ラス親は清算原点越えのトップを維持すれば終了する」という感じでしょうか。

現行では、「聴牌してはいけない」というちょっと不自然なルールが入っています。

※ラス親=オーラス以降のサドンデスの親を含む

他家から見た流局時のオーラスの駆け引きも変わりますが、それについては省略させてください。
posted by つの at 04:39| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)