2010年09月06日

場千五の東南

場千五についてもう少し…。

今後もっとメジャーになったらどうするのか?ということもありますので考えを書いておきます。

場千五(1本場1500点)は、遊んでいる地域によっては大手チェーン店のルールなどからそれがメジャーに見えることもあるかもしれません。ですが、学生のセットから地方の雀荘などいろいろ含めると圧倒的に1本場は300で遊んでいる方が多いかと思います。

また、場千五は他のルールによる差異に比べると、戦術的?にケアしなければならないウェイトがとても大きいので、熟練が必要になるところも少し気になります。東風戦は競技人口的にはスタンダードではないのでトレンドにあわせるのもアリかと思いますが、東南戦はもうすこしクラシック寄りが無難かなぁと…。

ちなみに、2本場が3000点だと1000点で和了しても4000点で3900を超えます。普通は1600点ですが…。

年配の方が遊びなれないルールになりすぎるのは好ましくないですし…。他のルールは1回打てば対応できますけど場千五はそうはいきませんよね…。得点の期待は分かるのですが、失点が0本場と比べるとどうなるのかは直感では分からないですし(展開速度が上がって結局失点は増えない方向なんですかね?…)、また、逆転計算を間違えそうですし…。

戦術を議論したい方や、長期的な摸打の調整をしたい方などは、場300が無いよりも場300と場千五が両方あったほうが好ましいかなぁとも思います。

ということで場千五はゲーム内容への影響が大きいので以上のような理由で300を選択する予定です。

場千五派のみなさんも、ひとまず今回は「東風でなら場千五が遊べる」ということで落しどころとして受け入れてもらえると嬉しく思います。東風戦は南1局から開始する平場の東南戦なわけですし…。

もし将来東南の場千五がメジャーになってきたら新しく卓を作る方向で検討するのかと今のところは思っています。

#ちなみに、大会ロビーを使えば場千五は遊戯可能です。

どうでしょうか。

今時の雀荘に合わせるのが目的かと思って意見してきたんだけど、そう言われてしまえばそりゃそうだという感じですかね…。
posted by つの at 03:44| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)