2010年10月14日

雀荘戦いろいろ

雀荘戦の最上位卓、孔雀についてのお問い合わせをいただきました。

■孔雀と配信
「雀荘戦の最上位卓は、配信卓として実験を試みる予定です」、という風に書きましたが、これは「せっかく稼動していない最上位卓があるので場所を使って実験してみよう」というニュアンスで書いていました…。

雀荘戦の最上位卓が最終的に配信が可能になるというわけではなくて、それはまだまだ未定です。

配信問題を解決するために、配信アリの前提で競う名人戦みたいなのを企画したいのですが、仮に鳳凰卓の面子を集めたとしたら、個室で打つよりも孔雀が相応かなぁと。

そういう感じです。


■解析ツール関連について
ブログに延々と書いてきたわりには進んでなさそうだけど?みたいな状態ですが…。

雀荘戦が一段落したら開発を開始します。

■ロードマップ
- 配信アリのイベント、名人戦?
- 解析ツール
- AI競技
- 他プラットホーム版

などを考えていますが未定な部分もあります。大人の事情からいろいろ前後することもありますが御容赦下さい。また、雀荘戦もそうでしたがサーバ障害が多発するとスケジュールが大きく狂います…。雀荘戦は半年以上狂いました…。


では、雀荘戦の最終チェックをもう一回やってきます。
posted by つの at 06:43| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)