2011年09月06日

巡目について

ついでなので、巡目について補足します。

麻雀の巡目って難しいですよね。

以下浅見先生のサイトより。

(17)1巡(同巡)
http://www9.plala.or.jp/majan/rule17.html

最後のほうの
「自己の取牌から次回の自己の取牌までの間」
「摸打の1巡は4人一様ではなく、各プレーヤーに対して個別に巡る」
という言葉で麻雀の巡目を上手く説明することができます。
※取牌は「山または河から取牌」という風に読むとよさそうです。

「取牌」って言葉を選択できる麻雀知識ってほんとすごいですよね。この文脈だとなんとなくだったのかもしれませんが…。

ちなみに、天鳳のサーバの同巡振聴の判定は「打」のタイミングで行っています。これは、巡目の情報が対戦では不要なことや、自摸和了に影響がないこと、同巡振聴と通常の振聴の再判定、クライアントへの再送信などを省略できるので、そういうことになっています。

同巡規則の説明も「打」で説明しても対戦可能なので問題ないんですが、巡目の計算をすると天和や地和やダブリーの発声が何巡目かというところが難しくなってしまうので、やはり「取牌」という言葉がよさそうです。

------------

書いてみて思いましたが…

私が「打」でプログラムを書いた時に巡目がややこしくなっただけで、一般的には「取牌」の考え方で普通に理解されているような気がしてきました…。0巡目が不要になるように思考していくほうが自然ですね。
posted by つの at 22:53| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)