2011年09月16日

牌譜解析で困っていること…

前回の記事を書いていて、書き込むのをためらって途中で投稿を取りやめた部分の話なのですが、やはり少し書いてみようと思います。

牌譜解析の開発ですが、結構長い間やってきているのですが実はあまり順調に進んでいません…。

巡目についてはなんとか定義づけをしてクリアできたのですが、今度は向聴数でしばらく手が止まってしまっています…。

ざっくり言うと、「13枚と14枚のどちらの状態の向聴数を表示するのが好ましいか」というところになります。

前回の巡目向聴数という表で示した向聴数ですが、これは手牌枚数を3で割った場合の余りが2枚(14枚、11枚、8枚、5枚、2枚)の状態での向聴数になっています。

(以下14枚13枚は、3で割ったあまりが2か1かという意味で使っています。)

その理由は、巡目を「取牌」で加算することに決めたのでそこに合わせたということなのですが、13枚の方が一般的なのかなぁとも思っています…。向聴数0の聴牌状態って言ったら大多数の人は13枚を想定しますよね。

ちなみに、14枚の状態と13枚の向聴数は、和了の-1向聴があるかないかの違いと、「聴牌取らず」や「和了せず」などの向聴向上を取らなかった時に少しだけ小さな値(和了に近づく)になる違いになります。

計算するタイミングについては、14枚の向聴数は「取牌」で計算すればいいのですが、13枚の場合は、「打牌」「槓」「抜き」で計算することになると思うので、こういう場所をなんて呼べばいいのか、こういう方法がいいのかそうでないのか、何に注目すればいいのか、少しややこしくなってしまっています…。

副露の場合の向聴数も、副露前13枚(○向聴だから仕掛けたなどに注目)、副露後打牌前14枚、副露後打牌後13枚(副露して先制聴牌を取ったかどうかなどに注目)など、どれが好ましいのか…。

また、放銃時の向聴数は13枚、待ちの確定も13枚だったり…。

他の指標にもいえることなのですが、データの意味を見失っていて、どんな風に表示したら分かりやすいのか、どういう風な計算方法に意味があるのかなどがうまく解決できていません…。

もしかしたら、そんな細かいところは大体でいいよ、という部分なのかもしれませんが…。


最近はこの状況から前進するために、「他のプレーヤと比較できるビューを作成する」「データはあとで非表示にすればいい」「意味のあるカテゴライズなどは今後の課題」というスタンスで作成しつつあります…。


またしばらくいろいろ考えてみます…。
posted by つの at 22:44| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)