2011年10月02日

巡目問題3巡目くらい

みなさん解答&ご意見ありがとうございました。
WMさんのアドバイスがとても参考になりました。

分かったこと(WMさんより)
- 巡目には種類があり目的に応じて選択する
- 巡目を小数で表記する方法もある

巡目の種類を選択する材料、
- 副露の効果を巡目に取り入れるか?
- 数値計算との比較を重視するか?(簡略化)
- 全員で同じ巡目を使うか個別にするか?


巡目の種類は、加算方法と加算のタイミングで分けると以下の組み合わせのようになりそうです。

個別整数 = 個別に加算した整数値
平均小数 = 卓平均、1/4単位小数、全員に共通
平均整数 = 卓平均を小数切捨て、整数、全員に共通
※「平均」は対戦全体の進行度合いに注目
※整数化は表記上の問題のみ??

0 = 親番で4つ加算
1 = 嶺上を含まない山からの取牌で加算
2 = 嶺上を含む山からの取牌で加算
3 = 嶺上を含む山からの取牌、ポン・チーでの河からの取牌で加算
※明槓の発生巡目は後続する嶺上に合わせる??

天鳳牌譜解析は「個別整数2」のようです。少し前の天鳳の牌譜ビューアのSTEPもこれでした。

できすぎくんの巡目はファイル位置からの除算のようです。
「平均整数3」に近い感じだと思います。
http://totutohoku.b23.coreserver.jp/hp/data.htm

数値計算やAIを作られている方だと、「平均整数0」や「平均整数1」などを使用しているのかもしれません。数値計算では難しい副露は省略すると思うので「3」を使っていることは多分ないと思います。


さてさて…、天鳳の牌譜解析ツールで使う巡目は…、

スピード麻雀が主流な場所では巡目には副露をできるだけルールに則した方法で取り扱うのがいいような気がしますので「個別整数3」かなぁと…。数値計算との比較を重視するなら「平均小数1」とかですかね。
posted by つの at 01:58| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)