2011年10月30日

雀荘β改良案7

雀荘戦を「収支Gで段位を発行する形式」へと変更する予定です。

- 過去記事
雀荘β改良案1 http://blog.tenhou.net/article/49059204.html
雀荘β改良案2 http://blog.tenhou.net/article/49105863.html
雀荘β改良案3 http://blog.tenhou.net/article/49217342.html
雀荘β改良案4 http://blog.tenhou.net/article/49304794.html
雀荘β改良案5 http://blog.tenhou.net/article/49349909.html
雀荘β改良案6 http://blog.tenhou.net/article/49520621.html
---------------------

段位表はいろいろ未定ですが、どんなことを想定しているのかというのを紹介する目的で十段まで書き下してみました。

前回のものよりも、銀の補正の倍率(段位の傾斜)が少し緩めになっています。

「昇段G」の見方を現行の段位表に合わせました。二段が三段になるために必要なGは、二段の行を右に見ていった「昇段G」になります。

東風戦を想定して書いていますが、東南戦はどうしましょうか…。昇段Gは同じものを使うとすれば、分散の√2から倍率を1.4倍する感じですかね。x0.00100⇒x0.00141。現行の段位戦も大体そうなっているので、多分この方法がいいような気がしています。

(追記)収支の分散はGに反映されているので、東南もそのままでいいのかもしれません。必要試合数の補正の意味で昇段Gを減らすのはありかもしれません。

あと、サンマも同じで大丈夫ですかね。運用してみないと全く分かりませんが…。また、祝5を想定していますが祝2祝0用の調整も必要になる可能性があります。これも昇段Gを減らす方向になるような気がしています。

 位 補正/若葉 銀  琥珀  孔雀  昇段G  降段G
新人 +1900〜  -  -  -  20,000  -
9級 +1700〜  -  -  -  40,000  -
8級 +1500〜  -  -  -  60,000  -
7級 +1300〜  -  -  -  80,000  -
6級 +1100〜  -  -  -  100,000  -
5級  +900〜  -  -  -  120,000  -
4級  +700〜  -  -  -  140,000  -
3級  +500〜  -  -  -  160,000  -
2級  +300〜  -  -  -  180,000  -
1級  +100〜  -  -  -  200,000  0
初段  0〜  +250〜  -  -  300,000  150,000
二段  -200〜  +150〜  -  -  500,000  200,000
三段  -500〜  0〜  -  -  800,000  300,000
四段  -900〜  -200〜 +150〜  - 1,200,000  500,000
五? -1400〜  -450〜  0〜  - 1,700,000  800,000
六? -2000〜  -750〜 -180〜  - 2,300,000 1,200,000
七? -2700〜 -1100〜 -390〜  0〜 3,000,000 1,700,000
八? -3500〜 -1500〜 -630〜 -160〜 3,800,000 2,300,000
九? -4400〜 -1950〜 -900〜 -340〜 4,700,000 3,000,000
十? -5400〜 -2450〜 -1600〜 -540〜 5,700,000 3,800,000
: : : : : : :
※五段以上、琥珀、孔雀は未定
※補正/200,000G以下= ( 210,000 - G)x0.01000
※補正/若葉    = ( 300,000 - G)x0.00100
※補正/銀     = ( 800,000 - G)x0.00050
※補正/琥珀    = (1,700,000 - G)x0.00030
※補正/孔雀    = (3,000,000 - G)x0.00020

- 面子の厳しさが補正にどう影響するのかは未知
- 上位卓オープンの際には卓の稼動を上げるために調整を行う?
- 補正が-1000G以下になる対戦は禁止したほうが安全?

どうでしょうか…。

ざっくり計算してみたところ、全ての卓で平均収支+1000Gを維持できれば4500戦くらいで十段に到達できる感じのようです。

(追記)段位表の調整材料
- 昇段G ⇒ 必要実時間、対戦数
- (A-G)xkのA ⇒ 卓間の難易度差
- (A-G)xkのk ⇒ 段位間の難易度差
※昇段Gの間隔は降段が頻発しない程度に程よく…
posted by つの at 00:03| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)