2013年03月11日

技能戦βテスト 「理想の1局清算麻雀」とは??

技能戦βテストに協力していただいてありがとうございます。


先ほど少し打ってきました。

以下感想などなどいろいろです。


サクサク感、束縛時間の短さ、とても心地いいですね。私にとってはですが…、もちろん、これじゃ物足りないと感じる方もいらっしゃるのは承知です。

対戦人数は40人くらいあるとCONTINUEもスムーズでしょうか。

親番時のCONTINUEが少し待ち時間が長かったような気もします。気のせいかもしれませんが、これは仕様上必ずそうなってしまいます。

有料会員限定なので平均段位がとても高いですね(汗

いつでもやめれるはずの1局戦なのですが気がついたら20戦も打っていました。親番放棄はもったいないし、次はどうかな?とかいろいろ思って止め時がうまくつかめなかったような気がします。

★連続同卓の制限にかかって沢山のIPがロックされてしまっていました。先ほど解除しました。これに関する仕様も調整しました。

親番の説明が不足していました。和了者が次回親番の権利を一定時間持ちます。親番同士は同卓できません。予約ボタンにマウスポインタを置くと出てくる説明画面に「和了り親」を記載しました。

※Rateの計算方法は、順位に依存せず収支Gにのみ依存します。雀荘戦と同じ計算方法です。

-----

さてさて、いろいろとダメ出しのご意見もいただいていますが、結果はいずれどなたかが想像してくださったシナリオの1つになると思いますので、せっかくなので前向きにチャレンジさせてください。1局清算はネット&スマホ時代の麻雀っぽい気もしますので、「理想の1局清算とは??」みたいな事を考えるのは天鳳にとってプラスなのかなと思っています。

1局清算と東風半荘雀荘戦、未来のネット麻雀とは??、みたいな視点も歓迎です。

以下適当に書いてみました。これに追記していただいてコメントしていただいてもokです。

■1局清算の肝
- サクサク&スムーズ

■1局清算のメリット
- 短時間、オンデマンド
- 少人数で予約稼働率が高いのでコンビ打ちがしづらい?
- 対戦したくないプレーヤとの時間共有が短い(牛歩?)

■1局清算の課題
- 初期のR変動がとても大きい?

■1局清算で重要度が下がるもの
- 順位戦略

■1局清算で重要度が上がるもの?
- リーチ供託
- 席順

■その他
- 2局清算はアリ?
- マイナス場代(補正)がないとGが増えない…


雀荘戦はどうするんだ!!というご意見もありました。技能戦は雀荘戦のルールを基本に作っていて、将来、技能戦と雀荘戦を統合することも検討しています。ですので、しばらく技能戦に協力をしていただけると助かります。

コメント非公開で受付にしました。
posted by つの at 23:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)