2013年07月21日

麻雀番組運営者のみなさまへ:個人・法人・団体が放送する有料・無料の番組で天鳳の機能は無料でご利用いただけます

いろいろ考えながら書いているので、無くなった文章や記事がありますが、スルーでどうぞ。

この記事は多分なくならないと思います。

麻雀番組の発展に合わせて配信関連のスタンスを決めていくことにしました。

-----------
※以下は分かりやすさを提供するのが目的です。これまでと同じ利用が可能です。
-----------

個人・法人・団体が放送する有料・無料の番組で、天鳳の機能は無料でご利用いただけます。

ただし天鳳を好意的に使用していただいている場合に限ります。

機能を提供する形式はベストエフォート型のみになります。

問い合わせ対応や、メンテナンススケジュールの調整、特別な卓組み、その他のサポートは基本的にありません。(天鳳公式のイベントにはあります)

お問い合わせ:support@c-egg.com

-----------

こんな感じが将来への期待もあって楽しいのかな、というところに行き着きました。個人での有料番組、プロ団体の公式有料放送、私設リーグの有料コンテンツ、などなど、いろいろ見てみたいですよね。

さてさて、【みずぐちむの〜〜〜おてんほい!】から始まって、麻雀番組をいろいろ調べてみて驚きました。映像技術もそうですが番組作りの技能って言ったらいいんでしょうか、演者も含めてその辺の進歩がめざましいですね。そういう中で天鳳がツールとして御指名を受けるのはたいへん光栄だと思っています。

(補足)※天鳳のメンテナンスについて※:通常午前7:00〜10:00に行います。約1週間前から告知します。土日祝日とその前日は不具合がない限り行いません。新機能導入時は頻繁に発生しますが通常は2ヶ月に1回程度です。(※2013年7月現在)
posted by つの at 23:17| 日記
■返信を希望する場合にはこちらからお問い合わせ下さい。

■雀荘戦ルールについて■
場千五(1本場1500点)を採用しています
東西場を採用しています(西も場風)